派遣で働く際に気をつけたい3のこと

派遣社員として勤務する際に気をつけておいた方が良いことがいくつかあります。

 

まず1つ目は、社風を理解するということがあります。同じ業種でも会社ごとのルールや暗黙の了解は多々あり、派遣社員としてそのコミュニティに入ったときにいかに順応できるかが重要なことです。

 

次に2つ目に、仕事のペースを調整するということがあります。特に事務職の場合は、前任者などがいた場合、周囲の社員は前任者の派遣社員の仕事のペースで指示をしたり、派遣社員という区切りを明確に作っておきたい上司の場合は仕事を選んで指示したりすることがあります。そこで、上司や社員の仕事の仕方に合わせ自分自身のノルマを処理するペースを調整してうまく立ち回ることが大切です。

 

最後に3つ目に、インフォーマルグループといって仕事場では立場上の上下関係とは違い人間関係の自然発生的な仲良しグループが存在します。このインフォーマルグループの力関係をなるべく早い段階で見抜き、うまく泳いでいくことが大切です。その場合は派遣社員ですから社内のことにあまり深く関わりすぎるのはよくありませんが、かといって距離を置くわけでもない程よいポジションがベストです。

派遣で働く際に気をつけたい3のこと/派遣で働くってどういうこと?関連ページ

派遣登録について
派遣を取り巻く環境
派遣の仲間
派遣社員が体調不良や病気をすると風当たりがキツイ

このページの先頭へ戻る