派遣で働くっていいのかな?

今までに派遣で数か所お仕事をしたことがあります。事務の派遣ですが、私には派遣という働き方が合っていたと思います。まずは、時給の件です。普通のアルバイトやパートに比べると、時給が高いことが多いです。同じ時間働くなら少しでも時給が高い方がいいですよね。

 

次に、待遇というか何かトラブルが起こった時のケアです。普通に会社に雇われているとなかなか意見を言いづらいですが、派遣会社という味方がいるので何かトラブルがあれば派遣会社の担当者に相談して対処してもらうことができます。

 

私はトラブルではないけれど、時給アップに関して、当初より仕事が増えてるから交渉してほしいとお願いしたことがあります。結果はすんなり時給のアップをしてもらえました。自分と派遣先の間に入って話をしてくれる人がいるというのは、本当に心強かったです。

 

派遣会社に登録をしたら、担当者とよく話し合って何でも相談できるような関係を作っておくといいと思います。

 

最後に、会社のしがらみがないのがラクでいいです。社員だと社内の人間関係など必要以上に気になるところだと思いますが、派遣にとってはただの派遣先なので割り切って仕事をすることができます。

 

賞与がないことがマイナス面かもしれませんが、今のご時世正社員でもボーナスのない会社もありますからね。派遣は1年契約だったり、先が見えないことが心配と思う人もいるかもしれませんが、正社員でも会社がつぶれる可能性だってあるわけですしね。割り切って派遣で仕事をして、どんどんスキルアップしていくという働き方もいいと思いますよ。

派遣された現場で知った情報です。たいした内容ではないです。

派遣というと、派遣会社による日払いバイトを想像してしまいます。単発の人々です。派遣イコール、人材派遣会社。

 

これは、日本人の常識となっていくのかなと考えています。日本語としての「派遣」が変化して来ていますね。昔でしたら日雇いバイトでその日暮らしの人が結構いたものです。愚痴っぽくなったり文章表現が上手く書けないので申し訳ありません。
アパレル業界の事を少しだけ、今回は書いてみようと思ったのが投稿のきっかけです。業界用語っぽくなっているかと思うのですが、「派遣」イコール、「日雇い・日払いっぽい」イコール、「ヘルプ」イコール、「手伝い」みたいな感じなのです。

 

大きく分けると実際のところは、こういう現状なのです。これは、現場での話です。つまり派遣とは、「手伝い」というポジションのようです。最近の日本語は、ややこしいですね。本来の意味から転じていく日本語も多い昨今です。少し話が脱線しかけてしまいましたが、私の表現や書き方で筆を進めますと、派遣の人間は会社に期待されていないという現実です。どうしても、勝手に感じてしまう部分です。

 

そんなことは一切、言葉に書いてないのだけれど、イメージが先行しています。日本の全域が同じとは思いませんが、そういう地域も有るのです。昔聞いたことが有る表現で、「マネキン」という昭和っぽい臭いの残る言葉が有ります。まさにそのままのイメージです。事実上は補欠みたいな、頭数だけを揃えたような会社も存在するという世の中です。


このページの先頭へ戻る